【知って得する!】マクドナルドでの裏技まとめ!隠し裏メニュー・無料券GET方法など【マック最高!】

へぇー!そんなことできるんだ!

と知った時にびっくりしました。

てか、最初の最初の人はどこでこんな情報を手に入れたんだろう?と不思議に思いましたが、得する情報は誰でもうれしいもの。

今回は、マクドナルドで使える裏技をご紹介します。

 

目次

ハンバーガー編

まずは、ハンバーガー関係の裏技をご紹介します。

 

ビッグマックの容器を包み紙に変える

ビッグマックと言えば、通常注文時には箱に入ってきますが、1000%レタスがこぼれるんですよねw

過去、まったくこぼさずにビッグマックを食べれたことがありませんw

それで普通と思ってましたが、実はこれには対策があって、箱を包み紙に変えてくれるんですよね。

注文方法

ビッグマック注文時に「箱を包み紙にしてください」と伝えればOK!

 

 

ハンバーガーを半分にカットしてもらえる

・お子さんが食べやすいように
・家族や友人とシェアできるように

目的は様々ですが、どんなハンバーガーで半分にカットしてもらえます。

注文方法

ハンバーガー注文時に、「半分にカットしてください」と伝えればOK!

 

揚げ物具材は揚げたてにできる

・チキンフィレオ
・エビフィレオ
・チキンクリスプ
・フィレオフィッシュ

これら、具材が揚げ物の場合、揚げたてを注文できます。

注文方法

商品注文時に、「揚げたてでお願いします」と伝えればOK!

 

てりやきマックバーガーのてりやきソースを抜くことができる

てりやきマックバーガーのてりやきソースが重たいなぁと感じた時などに、試してみられるとよいです。

注文方法

てりやきマックバーガー注文時に、「てりやきソースを抜いてください」と注文すればOK!

 

ハンバーガーからパンを抜くことができる

「え、もうそれってハンバーガーじゃなくない!?」というツッコミは無しでw

糖質制限ダイエットをしている方なんかは、試してみるとよいでしょう。

注文方法

ハンバーガー類を注文時に、「パンを抜いてください」と伝えればOK!

 

ハンバーガーからパティ(=肉)を抜くことができる

「もう、菓子パン食べてた方がいいじゃん!」というツッコミは無しでw

一応、こんなこともできちゃいますよ。と。。。マクドナルドじゃなくてもいい気はしますけどねw

注文方法

ハンバーガー類を注文時に、「お肉を抜いてください」と伝えればOK!

 

ハンバーガーから調味料を抜くことができる

ハンバーガーを、「パン、肉、チーズのみ」で注文可能です。

注文方法

ハンバーガー類を注文時に、「プレーンでお願いします」と伝えればOK!

 

マックグリドルのパティとパンケーキを別々に注文できる

パティとパンケーキ部分を別々に食べたい時に注文するとよいです。店員さんに伝えれば、ナイフとフォークも無料でもらうことができますよ。

注文方法

マックグリドルを注文時に、「パティとパンケーキを別々でください」と伝えればOK!

チーズバーガーのチーズを別々にすることができる

溶けていないチーズを食べたい時は、チーズバーガーのチーズ部分を分けて注文することができます。

注文方法

チーズが入ってるハンバーガー類をを注文時に、「ハンバーガーとチーズを分けてください」と伝えればOK!

 

グリルシーズニングしていないパティ(=肉)を食べられる

マクドナルドのパティはただ焼いているだけでなく、その後にグリルシーズニング(=塩コショウ)をふって味付けした状態で、作り置きしているのが通常です。

そして、注文が入れば、その作り置きしたパティでハンバーガーをつくっているんですよね。

パティは、できたてを注文することは通常できませんが、グリルシーズニングカットを注文すると、塩コショウをかけていないパティを作り置きをしていないがために、自動的に作りたてのパティを食べることができるのです。

とはいえ、味気なくなるので、オススメはしていませんw

注文方法

ハンバーガー類を注文時に、「グリルシーズニングカットでお願いします」と伝えればOK!

 

マフィンのオイルカットができる

朝マックに登場するマフィン類は、焼き上がり後にオイルをかけて作り置きしているのが通常です。

このオイルをカットすることで、できあがりのマフィンを食べることができます。

注文方法

マフィンを使ったハンバーガー類の注文時に、「マフィンのオイルカットをお願いします」と伝えればOK!

 

具材の増量・減量ができる

パン・肉・たまご以外は、自由に増量・減量することができます。

ただし、すべて無料で増量を注文できるのかと言うと、そうではなく・・・

 

MEMO

無料増量可能(2倍まで可能)

・オニオン
・ピクルス
・レタス
・各種ソース

 

MEMO

+40円支払えば増量可能(2倍まで可能)

・スモークベーコン
・ガーリックチリ
・ホワイトチェダーチーズ
・トマト

注文方法

ハンバーガー類を注文時に、増量してほしい具材を伝えればOK!

ポテト編

次にポテトについての裏技のご紹介。

 

揚げたてを注文することができる

注文方法

ポテトを注文時に、「揚げたてでお願いします」と伝えればOK!

 

塩加減を調整できる

注文方法

ポテトを注文時に、「塩多め」「塩少なめ」「塩抜き」のいずれかを伝えればOK!

 

ケチャップを無料でもらうことができる

注文方法

ポテト注文時に、「ケチャップをください」と伝えればOK!

注意
ただし、ケチャップ2個目以降、バーベキューソース、マスタードについては1個あたり30円が別途必要

サラダ編

次に、サラダについての裏技のご紹介。

 

ドレッシングを2つ無料でもらえる

注文方法

「焙煎ごまドレッシング」「低カロリー玉ねぎ」を2つまで注文すればOK!(同じドレッシングを2つ注文することもできます。)

 

ドリンク編

次に、ドリンク類の裏技をご紹介。

 

氷の増量・減量をすることができる

注文方法

ドリンク注文時に、「氷を多めに」「氷を少なめに」「氷なしで」と伝えればOK!

 

水を注文することができる

注文方法

何かしらの商品を注文時に、「お水をください」と伝えればOK!

 

氷を注文することができる

注文方法

何かしらの商品を注文時に、「氷をください」と伝えればOK!

 

お湯を注文することができる

注文方法

何かしらの商品を注文時に、「お湯をください」と伝えればOK!

 

リキッドレモン・ガムシロップをもらうことができる

注文方法

何かしらの商品を注文する時に、「リキッドレモンをください」と伝えればOK!

 

曲がるストローを手に入れる

マクドナルドのドリンク用のストローは通常まっすぐの曲がらないストローですが、子供向けに曲がるストローも存在します。

たとえ、大人であっても、曲がるストローに変更して欲しい時は注文すれば変えてくれます。

その他の裏技

その他にも知らない裏技があるかも!です。

 

落としたハンバーガーを交換してもらえる

「落としてしまった自分が悪い」と思って、また新たに注文しそうなもんですが、例えば、ハンバーガーを乗せたトレイを持ってテーブルに移動しようと思った時に、誤って態勢をくずして、商品を落としてしまったら無料で交換できちゃいます。

 

調味料類を2つまで無料でもらえる

ビッグブレックファストなどを注文した際、塩コショウ、イチゴジャム、ホットケーキシロップ、プチパンケーキソース、バターは2つまで無料でもらえます。

注文方法

欲しい調味料類を「2つください」と伝えればOK!

注意

3つ目以降を購入する場合や調味料類のみを欲しい場合は、1個あたり30円で購入することができます。

 

ナゲットソースを2つまで無料でもらえる

ナゲットソースには、「ケチャップ」「マスタード」「バーベキュー」の3種類があります。チキンナゲットを注文した際には、最大で2つまでお好みのナゲットソースをもらうことができます。

同じなナゲットソースを2つでもかまいません。

注文方法

チキンナゲット注文し、好きなナゲットソースを「ください」と伝えればOK!

注意

3つ目以降は、1個あたり30円で購入することができます。

 

スプーン、フォーク、ナイフを無料でもらえる

特に条件はなく、ハンバーガーが食べにくい時なんかに、「スプーン「「フォーク」「ナイフ」いずれか受け取りたいものを伝えればOK。

 

マックシェイクをお得に買う

マクドナルドの人気商品にマックシェイクがあります。

実はMサイズ【1つ200円】を注文するよりも、Sサイズ【1つ120円】を2つ注文した方が金額こそ40円ほど多くなりますが、その分、量は多いので、クーポンなどでMサイズを通常よりも安く買える。ということがない限りは、Sサイズを2つ注文した方がお得です。

 

ソフトツイストをカップで受け取る

ソフトツイストは通常、コーンでもらいますが、カップで受け取ることもできます。

注文方法

ソフトツイスト注文時に、「カップでください」と伝えればOK!

 

クーポンを使って、安く購入する

知らないだけで、実はマクドナルドには大量のクーポンが存在します。

今使えるクーポンを一括で確認できるサイトがコチラ

超便利でオススメですよ!

 

以上、マクドナルドで出来る裏技まとめでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)